D:ディープブルー(精油) 筋肉痛への対処

筋肉を使うことは、体の代謝をあげたり、血管の血流が全身に流れることを促したり、筋肉を使っているときに、発生する成長ホルモンが、若返りを促進したり、はたまたエネルギー的には、体を地球にグラウンディングさせる効果など、パッと思いつくだけでもたくさんのイイコトがあります。

筋肉はたまにしか使わないと、筋繊維が破壊されるため、それが修復に向かうときに筋肉痛が出るのではないか…というのが、どうやら最近の筋肉痛の捉え方のようです。筋繊維の破壊と修復を定期的に適度に行うことで、筋繊維は修復の際により増える?強くなる?よくわかりませんが、そんな方向に進化していくため、痛みがでづらいみたいです。

ドテラにはディープブルーというからだの炎症に対して、いい感じに対処してくれるお役立ちブレンドオイルがあります。           

【ディープブルー】https://www.doterra.com/JP/ja_JP/p/deep-blue-oil

このブレンドオイルは、ウィンターグリーン ・カンファー(ショウノウ) ・ペパーミント ・ブルータンジー ・ジャーマンカモミール ・ヘリクリサム ・キンモクセイのブレンドオイルで、炎症に対して働きかけてくれます。

運動をする前に塗っておくと、運動したあとだけに塗るよりもより効果を感じやすいよ、とよく聞いていましたが、本当にそうなんだって今は確信ありです。

先日、両腕を酷使して、床磨きを行いました。そのあと腕全体が筋肉痛に(^◇^;)もう腕全体が痛くて痛くて眠れそうにないので、まずディープブルーラブを腕全体に塗って様子を見ました。そのあと、しばらくして、やはり痛い・・・(^◇^;)そこで、お風呂にゆっくりつかり、手、腕全体をマッサージ。腕全体の筋繊維をもみほぐすようによーくマッサージしてお風呂で温めました。お風呂から出たあと、ディープブルーをクリームにした既製品、ディープブルーラブを腕全体に塗り込みました。すると、すーっと眠りにつくことができました。驚いたのは、翌朝起きた時には、何もなかったように腕が軽くなっていたということ。これを経験してからは、動く前にもディープブルーラブを塗ることのがどのように筋肉に影響を及ぼすのか想像ができるようになったので、先にも塗ります。おそらく、運動の前にもディープブルーラブを塗ることによって、良質な筋肉を作り上げる近道になるような気がしています。

【ディープブルーラブ】 https://www.doterra.com/JP/ja_JP/p/deep-blue-rub-jp

この記事を書いたのは…

地球からの贈り物倶楽部 主宰 よらりえ
地球からの贈り物倶楽部 主宰 よらりえアロマライフコーチ
東京都世田谷区でサロンBLISS主宰。
0.2秒で今ココハッピーに。
しあわせ脳に整うアロマのある生活を提案しています。
某高校女子部の選択授業のアロマ講師です。

ブログはこちら
ドテラの紹介リンクはこちら