【年間更新プレゼントが届きました】ペパーミントエッセンシャルオイルの使い方

久しぶりにオンガードを注文したら、ペパーミントがついてきたの。どうやって使ったらいいのか分からないわ。そんな質問をいただきました。

ペパーミントの精油の使い方

ペパーミントの1滴のオイルは、ペパーミントティー28杯分相当のペパーミントが含まれています。非常に非常にパワフルです。ペパーミントティーの場合は、水溶性の成分がハーブティーからいただけるので、そちらだと水溶性の栄養が摂れるのかな?エッセンシャルオイルは、栄養は採れません。そのかわり、種が撒かれて芽が出た環境で、動けないままに生き抜くのが植物です。

太陽がさんさんと降り注ぐ中、立ちつづけるために、かれちゃわないようにパワーを身につけ、雨が降って足元が水溜り状態だったとき、腐らないように耐えるパワーを身につけ、虫に食べられすぎちゃわないようにしたり、受粉が行われるように虫を誘ったり・・・植物が生き抜くために必要なパワーを持つわけです。

ペパーミントは多種多様な成分を持つのが注目ポイント

ペパーミントは、比較的育てやすいハーブなイメージです。有名な香水が作られるローズ畑の周りには、必ずペパーミントが植えられているそうですよ。

様々な成分を持つとはどういうことか

何がどう効果を発揮するかは、未知数で、なんでも起こる可能性があるって私は理解しています。

スースーするのが、熱を冷ましたり、スースー感がかゆみを抑えたり。

食べ過ぎのときに飲んだらすっきりしたり、吐き気がする時に嗅ぐとすっきりしたり

頭が痛い時にこめかみに塗ったり、後頭部の盆の窪の両隣をもむと楽になったり

便秘のときお腹にぬったり、下痢の時お腹に塗ったり

何が起こるか頭で決めないことが大事。使いたい時につかう。自分に必要なことは頭で考えない。とにかく嗅いでみる。使いたい時に使うの。

薬とはちがうんです。くすりではない。だから、何かを抑えるために使うのではなく、感性のままに使いたい時に使うことで、必要なように作用していい感じに落ち着く。

症状に対して使うのは、おくすりのくせ。

エッセンシャルオイルは、おくすりじゃないです。だから、使い方は全く違う。何かがあったからそれをとるために使う癖は、おくすりの使い方のくせ。

エッセンシャルオイルは、ただ嗅ぎたい時に嗅ぎ、塗りたい時にぬり、ペパーミントだったら、お水に入れて飲んだり、もう使い方は無限大。ご自身のご機嫌やハッピーな時間が長くなることが、よりウェルネスな生活に整っていく、そんなイメージです。

具体的な使い方はこちらで確認してね。

本当に便利なオイルです!

【ペパーミントエッセンシャルオイル】https://www.doterra.com/JP/ja_JP/p/peppermint-oil-jp

この記事を書いたのは…

地球からの贈り物倶楽部 主宰 よらりえ
地球からの贈り物倶楽部 主宰 よらりえアロマライフコーチ
東京都世田谷区でサロンBLISS主宰。
0.2秒で今ココハッピーに。
しあわせ脳に整うアロマのある生活を提案しています。
アロマテラピー検定1級対策一緒に学ぼう会など、アロマ講師です。

ブログはこちら
ドテラの紹介リンクはこちら