初夏のディフューズにはライムが最高!

 どうも、ちっちです。毎日毎日、暑い日が続きますね。以前、「気になったら素直にやってみる 〜ディフューズ編〜」でもお伝えしたように、私は相変わらず、ドテラのインスタを参考に、毎日のディフューズを楽しんでいます。

 ドテラのインスタのおすすめを毎日眺めていると、どうも、ライムの登場率が高いような気がしています。もちろん、計算はしていないので、もしかしたら私がライムに引き寄せられただけなのかもしれません(笑)。とにかく、ライムがないと試せないじゃないか〜!ということがしょっちゅう起こるので、ライムを買いました。

 正直、ライムもレモンも一緒だろ〜!と思っていましたが大間違い。ライム、すごいんですよ。レモンとはまた違う爽やかな香りで、ライムイエローな気分、つまりは(つまりなのか?笑)ライトでポップな気持ちになっていきます。今、お気に入りなのは「KEY LIME PIE」というブレンドで、ライム4滴、レモン1滴、ラベンダー1滴、サンリズム1滴をディフューズするもの。朝、ディフューザーをセットするとき、この香りを楽しめると思うだけでウキウキしてくるんです。初夏の暑さやじめじめした空気感にもぴったりで、爽やかな香りを演出してくれることで鬱陶しさを忘れさせてくれます。これからの季節、ぜひライムをお手元に♪

久しぶりにお化粧したのでノリノリ撮影♪の日。笑

[ライム]ってこんなオイル

  • シングルオイル
  • 疲労やだるさがあるとき、気分をスッキリさせてくれる香りです。
  • 肌に塗った場合は、12時間は直射日光を避けましょう。

空き瓶活用!精油でつくる化粧液

 どうも!ちっちです。STAY HOMEの話ばかりで恐縮ですが、この期間にすっかりハマっているのが空き瓶の再利用です。ドレッシングを手作りするようになり、自宅にある空き瓶に2回分ほど保存してみたり、ニンニクのみじん切りやスライスをオリーブオイルに浸けておいたりと、空き瓶は私に楽しさを与えてくれる存在となりました。

 これまでは精油の空き瓶を捨てていたのですが、空き瓶LOVEとなった今、おいそれと捨てるわけにはいきません。以前、ドテラーの知人がFacebookにUPしていた、「空き瓶をお風呂に入れて最後まで精油を楽しむ」というのをまずは実践。幸せなお風呂タイムを過ごすことができました。そして残った空き瓶で何かできないかとググってみれば、目に止まったのは「化粧液の作り方」。

 クックパッドにしろ、手作りのアルコール除菌スプレーにしろ、ネット上のレシピを自分が覚えやすいように単純化するのが私流です。ドテラの精油瓶は原則15ml。私流レシピはこちら。オイル→精油→よく混ぜる→化粧水or精製水の順番です。

  • ドテラ ココナッツオイル (2プッシュ)※ポンプはNFR(アメリカからの個人輸入)で購入しました。
  • お好みの精油 (合計10滴程度:今回はラベンダーローズマリーで作成)
  • プレーンな化粧水 または 精製水 (瓶がいっぱいになるまで)

 ココナッツオイルが入っているのでしっとり感は強いため、今の季節であれば乳液は不要です。お風呂上がりに良い香りに包まれる幸せが手に入ります。自宅が小瓶だらけになる日も楽しみです。

[ローズマリー]ってこんなオイル

  • シングルオイル
  • 古代から医療に使われてきた刺激の強いハーブ。(最近ではお料理ですね)
  • 消化器系や筋肉痛などに働きかける香り。集中力UPにも!
  • 禁忌:妊婦さん・てんかんの方は使用NG!高血圧の方も控えましょう。

手作りアロマハンドスプレーを持ってカナダのスーパーに買い出しに行ってみた

アロマや様々なナチュラル製品を楽しく日常生活に取り入れているカナダ在住のTomokoです。ドテラのエッセンシャルオイル3種類を使って、ハンドスプレーを作ってみました。そのハンドスプレーを持って、コロナウイルスでいろいろ気をつける必要がある今の時期にスーパーに買い物に行ってみた❤️ハンドスプレーの作り方と、ハンドスプレーの使い方の参考になったら、嬉しいです。

【買い物】ママがコロナウィルス 中に大型スーパーへ買い物!カナダライフ | コロナ海外事情 | 買った物公開 |VLOG

【コロナ対策】ハンドジェルを作ったらスプレーになっちゃた!

YouTubeチャンネル立ち上げサポート中。こちらまでご連絡ください

https://linktr.ee/mamanet_tomoko

アロマハンドボランティアの素晴らしさ

アロマライフコーチのよらりえです。今日は、毎月通わせていただいている高齢者向けデーサービスがあります。1年以上通わせていただいています。ハンドボランティア体験は、体験すればするほどしあわせ感は増していき、気づけば、やめられまへんなぁ〜です(笑)

魅力その1:まず、目の前の人が魂レベルで安心している様子をみられること。

認知に自信がなくなってきた高齢者は、常に不安を抱えています。不安ベースの生活。ですから、アロマハンドケアで安心感を体験することは、とても有意義です。アロマハンドケアを繰り返していくと、月1回であったとしても、回数を重ねるうちに、その人が以前よりも安心の中でアロマハンドケアを受けているのがわかります。

安心して、たくさん言葉が出てくると、とても嬉しいです。大切な思い出を共有してくれたり、時に、一番つらかった思い出が出てきたり、様々ですが、たくさんの言葉が出てくるのは、深い安心感があるからこそ。この経験は、とても尊いです。

魅力その2:認知の奥にある魂の交流を感じる

魅力その3:認知とは違う、感情記憶というものの存在を体験できる

「手の手入れなんてしたことないわ」「こんなのはじめてなの。ありがとう」「何してくれるの??」と、毎回初めて受けるようなリアクションであっても、毎回私の受け入れ方は異なります。回を重ねるごとに私に対して心がオープンになっていくんです。人は認知だけじゃないんだ。わかってるわかってないなんて、ごく一部なんだ、ということを目の当たりにすると、目の前の命が、とても尊くみえてくるんです。

魅力その4:心からよろこびの表現を受けられる

アロマハンドケアを受けながら、感謝の言葉を連発される方が少なくありません。「こんなに大事に自分の手を扱ってあげたことないわ。」「なんか、悪いわねえ」「あー、嬉しいな。なんてしあわせなの。」様々な言葉をかけてくださいます。

よろこんでもらえると嬉しいものです。嬉しいという言葉を手を触りながら聞くと、自分も同時に嬉しくなります。よろこびの波動は、相手と共鳴すると、簡単に増幅していき、すばらしい時間になります。使う言葉と、よろこびの表現の大切さ。学べることが多くて、毎回感動するのです。

アロマハンドケアは、自分で作ったマッサージオイルを用いています。

  • ココナッツオイル
  • ラベンダーエッセンシャルオイル
  • オレンジエッセンシャルオイル
  • これらをまぜて作ったマッサージオイルです。コパイバを入れることもありますよ。

しあわせは、いつも自分のこころが決める みつを